難しいことは言わない!初心者でも分かるふるさと納税のやり方の解説

スポンサーリンク

まだふるさと納税をやったことがない方でも多くの人が興味は持っていると思います。

興味はあっても、私もそうでしたが、

 よく分からない
 税金関係とかが面倒臭そう

などという理由でやったことがないのではないでしょうか。
特に確定申告をしないサラリーマンにとっては結構ハードルが高いんじゃないかと思います。

しかし、いざやってみると簡単なものですし、確定申告をしなくていいありがたい制度もあります。
このサイトでは初めての方でも安心、簡単に出来るように難しいことは言わずふるさと納税を簡単に説明いたします。

スポンサーリンク

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組みを超簡単に説明すると、

①任意の自治体に寄付をする
②ほとんどの場合は返礼品をもらえる
③翌年の税金が安くなる

となります。

もう少し詳しく説明すると、寄付をした金額から2,000円を差し引いた額が翌年の住民税から控除されたり、所得税が還付されたりします。

私はずっと確定申告が面倒だなと思ってなんとなくふるさと納税をやりそびれていたんですが、ある時ワンストップ特例制度というのがあることを知り、それからふるさと納税をするようになりました。

ワンストップ特例制度

ふるさと納税のワンストップ特例制度というのは、多少条件はありますが自治体に申請書を送るだけで寄附分の税額控除を受けられるという便利なありがたい制度です。

これを利用すると確定申告が不要になります。

ワンストップ特例制度を利用する為の条件は、

①元々確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者等であること
②年間の寄付先が5自治体以内の人

要するに確定申告をしていない人がふるさと納税を5自治体以内ですれば確定申告が要らないということです。

詳しく知りたい方はこの辺を見て頂ければよいと思います。

ふるさと納税ワンストップ特例制度入門ガイド

■ふるさと納税の注意点

ふるさと納税をするにあたって注意しておきたい点が2つあります。

①お得になる金額には上限がある

ふるさと納税もお得になる上限金額があり、それは年収や扶養家族等で決まっています。
あらかじめ下記のサイト等に行って上限金額を確認しておいてそれを超えないようにしましょう。

ふるさと納税控除上限額を調べる

まとめると、

上限金額以内であれば実質2,000円でふるさと納税が出来ます。

※1件つき2,000円必要です

言い換えると返礼品が2,000円以上であれば得をするということです。

②ワンストップ特例申請書の期日

ワンストップ特例申請書の期日は翌年の1月10日(必着)となっています。
お正月明けの郵便事情を考えると出来れば年内には相手の自治体に申請書を送っておきたいところです。

また、ふるさと納税を申し込んでからワンストップ特例申請書が自治体から送られて来るまでに1週間程度は掛かりますのでそれも計算に入れておく必要があります。
自治体によっては1週間以上掛かる所もありますので時間的に余裕を持って申し込みましょう。

■ふるさと納税の手順

①どこかのふるさと納税サイトに行って寄附(ふるさと納税)を申し込む

※サイトは下記のおすすめサイトをご覧ください。

申し込む際には自治体からのワンストップ特例申請書の送付には忘れずにチェックをしましょう!

②ワンストップ特例申請書が自治体から送られてくる。

③ワンストップ特例申請書に必要事項記入をして送付する。

④返礼品が届く

返礼品が早く届く場合もありますが、通常はこんな感じになるかと思います。

■ふるさと納税サイトの紹介

ふるさと納税を扱っているポータルサイトはそれなりの数がありますが、私もそうですが実際に申し込む時に見るサイトは結局数サイトだと思います。
特に初めての方などはあれもこれもよく分からなくなりますし、まずは4大ポータルサイトだけを見れば十分だと思います。

ということで4大ポータルサイトをご紹介します。

慣れてきたらau PAYで支払いたいとか、ANAのマイルが欲しい等、目的に応じて他のポータルサイトを使っていきましょう。

楽天ふるさと納税

個人的にはおススメです。

最大の特徴はふるさと納税でも楽天ポイントが貯まることです。

他のふるさと納税に特化したポータルサイトと比べるとサイトの作りに細やかさが足りない気はしますが、慣れている楽天のUIで操作が出来るのはメリット。
会員情報なども楽天と共通の為いろいろと手間も省けます。

自治体数:1,400弱
返礼品数:約32万点

返礼品の数は他のポータルサイトと比較すると若干少ないです。
私は楽天で欲しいモノを探して、なかった場合に他のポータルサイトを探すといった使い方をしています。

ポイント等を考えると1つのサイトに絞った方が効率がいいですからね。

楽天ふるさと納税へ行く

さとふる

ここもサイトが充実していて、返礼品も必要な情報もとても探しやすいです。
掲載されている返礼品の数がトップレベルに多いです。

自治体数:1,000強
返礼品数:約40万点
マイページで返礼品がいつ届くか確認することが出来るのが他にはない特徴でありメリットです。

ふるさとチョイス

参加している自治体数が1番多いです。

サイトが痒いところに手が届くような作りになっていてふるさと納税のいろはから返礼品の検索までスムーズに行えます。
個人的には1番見やすいサイトじゃないかと思います。

自治体数:約1,600
返礼品数:約40万点

参加している自治体数が多く、それに伴って返礼品の数も多いので他のサイトにない返礼品を見つけることが出来たりします。

ふるさとチョイスへ行く

ふるなび

CMもやっているので名前は知っている人が多いでしょう。
最大の特徴は利用に応じてふるなびコインというものがもらえて、Amazonギフト券やPayPay残高に交換できることです。

自治体数:1,000弱
返礼品数:約25万

返戻品の数は他のサイトと比べると少なめですが、電化製品の返礼品が充実しているのも特徴です。
むしろそれがふるなびの最大の特徴なのかもしれません。

ふるなびへ行く



コメント

タイトルとURLをコピーしました